--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.18 22:25|Handmade

春から凝っていたクロッシェ・・かぎ針編み・・冬もまだまだ続きます~

が、冬物ニットの手始めは棒針編み

一目かのこのショートジャケット

完成が楽しみ
スポンサーサイト
2008.10.17 23:40|旅ノート

昨日はお留守番だった大王と4頭と一緒に城ヶ島へ

城ヶ島は岩場なので足場が悪いけれども、そのせいかゴミもなく釣り糸もなくwansには安心

アホ森羅はこんなことしてましたけどねぇ(ノ_・。)


しっかり遊んで、美しい夕焼けも堪能
miura3.jpg

あー心洗われます

港のお魚屋さんで「まぐろ、サザエ、金目鯛、脂のしっかりのった大きな鯖のひもの、いかの一夜干し・・」を買出して帰路へ

三浦の魚屋さんは、品数豊富で楽しい!大きなノドグロに驚いたり、ダツってへぇーこれが?なんて会話も面白い

金目をおろしながらオバサンが

「いいダシが出るから、その煮汁で翌日ナスや切干大根なんかを炊くといいよ!」

なんて教えてくれるし・・買い物が楽しいわぁ

というわけで夕飯はお魚づくし~~(笑)
miurafish.jpg

サザエのお刺身のコリコリが苦手な大王には、金目のダシでさっと煮たり、

バターでいためてさっとお醤油をかけたりの一手間・・どちらもオススメでっす


2008.10.16 22:49|旅ノート

はい・・今年の秋の遠足は、三鷹の森ジブリ美術館でしたぁ!

見事な秋晴れの中、ジブリマジックを五感で楽しんでまいりました

↑写真のロボット兵の後ろには、飛行石がありましたよ

図書館には、子育ての最中に毎晩のように読んだ絵本がいっぱい・・

宮崎さんのセレクトと思うとシンクロしているのが嬉しい

そしてやはり時間を忘れて夢中になったのが

「映画の生まれる場所(ところ)」

たくさんのものや本があふれた空間には圧倒されます

最新作ポニョの絵コンテも公開されていましたよ

館内は写真撮影不可ですが、ほとんどのものが手にとって触ったり見たりすることができます

ステンドグラスを通した光がやわらかく、単純ではない通路に大人もワクワク

たくさんの観葉植物、からまるツタ類、鉢植えの実ものも元気に成長していました

紅葉を意識した寄せ植えもセンスが光っていました・・

あの房状の赤い実はなんの木だったのかしら?

カフェ麦わらぼうしのテラスには見事なアカマツがありました

「三鷹の森」にもともとあったものを大切に残したものでしょう

窓枠、ドア、ドアノブ、デスク、いす、ベンチ、陳列棚、水道の蛇口、手洗いのタイル・・

随所にこだわりを感じる調度品の数々

小さなルーブル美術館展も大変興味深いものでした

残念なのは、ワタクシが猫バスに乗れない年齢だったこと(笑)

↓テイクアウトのランチで飲んだ「風の谷のビール」(600円)ラベルがとってもかわいかった

かわいいラベルとは対照的に中味はしっかりとした地ビールでした

帰りに飲んだ「ふわふわミルクいりコーヒー」(470円)
(お断りして写メしました!)
jiburicafe.jpg

そうそう、三鷹駅からジブリ美術館へ向かう風の遊歩道で『蛇』さんの歓迎をうけました

オバサンパワーに圧倒されたのか、カメラを向けたらするするとバックして木のうろへ戻っちゃいました

豊かな三鷹の森・・ジブリ美術館と地域のみなさんと自然の共生・・これからもしっかりと共生していってくださいね









2008.10.14 09:47|暮らし
公共の乗り物を利用して通学、通勤をしている我が家の子供たち

車内で不愉快な思いをすることが多いようです

息子は上り線ではなく下り線を利用しているので、物理的にも精神的にも

余裕があるのか・・不満は聞いたことがない。

先日も、車内で気分が悪くなった人がいると周囲の人たちが一致団結して協力するんだよ

などとフツーに話していた

娘たちからの怒りの訴えの相手はほとんどが「オジサマ」や「オバサマ」

娘たちの我慢が足りないのじゃないか?と最初はワタクシも「しかたないじゃない」

などとたしなめたりしていたのですが、

先日次女が、中学生時代からの親友と大学で落ち合い一緒に帰宅した車内でのこと

座っている娘の対面にSちゃんが立って会話をしていたところ

娘の隣に座っていた中年の男性が、電車を降り際にSちゃんを蹴ったというのです

それも無言で・・

二人はあまりにも突然のことでわけもわからず呆然としてしまったそうです

幸い怪我はなかったようですが、精神的なショックのほうが大きかったことでしょう

理由はどうであれ、人にたいして暴力をふるうなんて許せない

ましてや、聞いた風貌からすると同じ年頃の娘を持つ父親世代ですよ・・情けない



実は、あまり電車に乗らないワタクシが、先日車内でいやな思いを立て続けにしました

相手は同世代の「オバサン」「オジサン」

Case1:
友人と一緒にあいた席に座ろうとしたら、高齢の方を発見したので席を譲ろうとした瞬間

中年の女性が横入りをしたのです・・

「あらら?」と思い目をあわせたワタクシたちに向かって

「座るならさっさと座りなさいよ!気分が悪い!」

と逆ギレした発言・・・

隣に座った高齢の女性も自分が原因かとオロオロ

情けない

どうみても同世代・・高齢の両親や高校生ぐらいの子供をもつ母親でしょう

もちろん相手にせずやり過ごしたのですが・・本当にがっかりです悲しい

Case2:
駅の入口で友人たちを待っていたワタクシに

スーツ姿のオジサンが「どけこのやろ!邪魔だ!」

と怒鳴ったんですよ・・・??? ワタクシ端っこの壁側に立ってたのですよ!

横浜駅の某入口ですから・・うーーーんと広いのですよ!

人が横に10人以上並んだって入れる広さですよ!

そのオジサンは、壁づたいに駅に入るゲンでもかついでいたのでしょうか???

ぶつぶつ言いながらオジサンは足早に行ってしまったので

もしかしたら別の人に怒鳴ったのかなぁ?と考えたりしましたが

公共の場で他人に大声をあげるなんて・・そんなDNAいりません

たしかに中高年は辛いですよ!

経済不安の中、定年をまじかに控え雇用不安もあるし、老後の不安もあるし、住宅ローンも教育費も辛い

介護の必要な両親を抱えている人もあるでしょう・・・そして何より自分の「老い」を実感する日々

だけど、キレて周囲にあたるのはやめましょうよ!

なんでも人のせいにするのはやめましょう!

心に余裕を持って、思いやりの気持ちを忘れずに、「Smile!」ですよぉ

WEBでも『キレる中高年』で検索するとびっくりするぐらい記事がヒットします

車内での暴力行為では40代50代の件数がを全体のほぼ5割を占めているとか・・(ノ_・。)

その傾向は世界的に広まっているようで、アメリカではこーーんなビジネス展開もしてます(笑)
興味のある方はこちら



2008.10.12 08:37|花より団子

ブーツに愚痴ったにもかかわらず・・

結局ショッピングは行っちゃうんですねぇ

このごろ我が家の女子オキニはこちら→ららぽーと横浜

そしてショッピングで歩き回った後は・・

やっぱりお茶でしょ

AftrenonnTeaのマスカットティーは香り味ともに好きです

そうそう雨の多いこのごろ・・AIGLEでレインブーツを購入した長女

ハッ・・だめじゃーーーん!また玄関狭くなるじゃーーん!
2008.10.11 08:08|暮らし

お嬢さんのいるご家庭なら、ご理解いただけると思います

玄関が足の踏み場もない状態でっす

もちろんシューズストッカーはすでに満杯

我が家では、ホームセンターでレンガと板を購入して靴を整理するスペースを

作りましたよ(ノ_・。)

母は今日も叫びます

玄関には一人三足までよぉ!

守れないなら、フリマで売ってやる!と密かに思う母

きっと

いつか

・・あっワタクシフリマ未経験でしたm(_ _)m
2008.10.10 21:26|旅ノート

巷では、今プリントショップのサービスでアルバム作成が人気なんですねぇ

そういえばFUJIFILMのCMでも長瀬君と樹木希林さん、堀北真希ちゃんが

宣伝してましたよねぇ

CMには心動かさなかったのですが・・

友人たちが作成したペットや旅のアルバムを見たら、これがなかなかいいんですよぉ

それで、早速WEBで検索していたら

こんなサイトを発見MyBook

ソフトをダウンロードして、早速N.Yの旅ノートをCDサイズ30ページにしてオーダー

1週間から10日程で届くとありましたが、予定よりも3日ほど早く届きました

想像以上に発色もよく丁寧な製本・・まるでプロの写真集みたい(いいすぎ?(笑))

こんなにきれいにできあがるならこれからはどんどん利用しようっと

でもね、みなさま~元ファイルはきちんとバックアップしてCDに保存しておかないとダメですよん

ワタクシParisの元ファイル見つかりませんからぁ・・・

小さく加工したファイルだけじゃいくらなんでもねぇ


2008.10.06 09:34|暮らし

おかげさまで健康でまた一つ歳を重ねることができました

いろいろ考えたけど・・

自分のために自分で腕を奮うことにしました(笑)

メインは定番の牛肉の赤ワイン煮

好評だったのは、秋のきのこたっぷりキッシュ

バースデイケーキは、やはり定番のニューヨークグラマシーの「アフロ」

毎回思うけど、アフロより「マンハッタン」のほうがネイミング合ってるとおもうけどね

家族で楽しく食べて、おしゃべりして、笑って、飲む!これがなによりの誕生日プレゼントです

グレイのトレーナー風ニットのギフトもありがとう大切にしますね。

それから食器の後片付けありがとう

おいしいマンデリンのハンドドリップコーヒーもありがとう

大王に劣らずワタクシもしあわせものです

☆お花はお庭のバラを摘んでアレンジしました~☆
深いワインカラーのイントゥ・リーグがワタクシのために花を咲かせてくれたみたいです(*^-^)
秋バラが咲く季節に産んでくれた両親にも感謝ですねぇm(_ _)m


2008.10.04 00:59|その他

今まで無料のカウンターを何気なく利用していたのですが・・

ビルダーで編集中、カウンターの画像に「出会い系サイト」と表示されるのが気になってやめました


もちろんHP上では数字のカウンターしか表示されないんですけどね・・


そこでCGIを利用して自力でなんとかできないものかと試行錯誤


結局息子が設置してくれましたぁ・・サーンクス


開始数字を120000にしてねぇ!と言ったら・・このようになりました(笑)


ま、いっかぁ


2008.10.01 11:24|BOOKS

20世紀少年の映画公開にあわせて友人に一気にコミック全巻を借りました

まだ読んでなかった21世紀少年を読み終えて・・・

「えっそういう結末?」

と軽い落胆と狐につままれた感の中

あらたに娘から「SLAMDUNK」全巻が

「えーーーっコミックはしばらくノーサンキュー」

と思っていたのに・・はまりました

フィクションよりスポ根ものは理解しやすいし感情移入も容易

バスケ初心者の桜木花道がよき師、よき友、よきライバルとの出逢いで

天性の才能を開花させていくという単純なSTORYなんですが・・・

たかがバスケされどバスケ

登場人物が丁寧に描かれていて、それぞれに魅力あふれるキャラクターが

STORYを盛り上げ、笑わせて泣かせ感心させてくれます

たった数ヶ月のできごとを11年かけて描きあげた井上雄彦先生に賞賛を贈りたい

えてして人気が出て看板になってしまうとダラダラと連載を長期化させたあげく

終わり方に落胆を覚える大作も多い中・・本当にあっぱれです

たしかに、インターハイ途中での強制終了(笑)ということで名朋工業のひろしは???

と疑問もあったのですが、花道があの状態ではしかたないと思うし

海岸でのラストシーンから続編を予感させてくれましたからヨシです(*^-^)

24巻その後が気になる方には・・こちら有名な「-あれから十日後」の黒板漫画をどうぞ!



=おまけ=

ワタクシ的には綾南の仙道君が好きかなぁ

バスケを楽しんでいるのがよく伝わってくるし、バスケ以外は抜けているところもツボだし・・

23巻で流川が仙道に対して

「お前より上がいるのか?」の問いに仙道が「北沢」と答えて立ち去っていくシーン

山王のとの試合中に、それを回想しながら

流川が「沢北だろうが どあほうー!」

と叫んだところは、緊迫した展開の中で大爆笑しちゃいました

感動したシーンは数多くあるけど・・

やっぱり24巻で流川が桜木花道にパスを出してブザーと同時にゴールを決めた後で

二人がハイタッチ?ロータッチするところかな

連載当時はなかったプロバスケットも誕生、ルールもずいぶん今とは変わっているようですが、

日本のバスケ史と子供たちに多大な影響を与えたSLAM DUNKと井上先生にあらためて賞賛を贈りたい(^_^)/~~

同時に連載を始めた「バカボンド」と障害者バスケの「リアル」もおすすめです

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

せがちゃん

  • Author:せがちゃん
  • 家族:マイペース大王(だぁ様)と娘1号2号、息子1人、愛犬4頭
    住所:横浜
    モットー:『Smile Be Happy!』
    趣味:ガーデニング、わんことまったりすること、ミーハー女子会
    特技:ワイン片手にフライパン!
    ≪Webstagram Album follow@segachan81≫




    楽天で探す
    楽天市場



    ブックオフオンライン
    ブックオフオンライン




いくつになったの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。