スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「疾走」は重かった・・・

2006.12.13 18:09|BOOKS
疾走by重松清
孤独、祈り、暴力、家族離散、セックス、聖書、殺人。15歳の少年が背負った苛烈な運命。「ひとり」なのだ、登場する全員が「ひとり」なのです。でもシュウジはつながりたがったひとりだった。だから『誰か一緒に生きてください090-』とシャッターに書いた。はたしてシュウジの忘れ形見の「望」はつながることができる人生を送れるのだろうか・・生まれながらにしてあまりにも重い宿命を背負ってないだろうか?シュウジが思い描いていた孤高の人エリもまた壊れかかっていた。救われようのないSTORYだった。辛かったです。(映画化もされているので若干たねあかししちゃったかな。まだ読んで無い人ごめんなさい)



そうそう本の購入は、1冊でも送料無料(期間限定といいながらいつでも無料だし)の楽天ブックスを利用することが多いのでブックカバーは自作です。「疾走」のように怖い表紙だと気軽に読めませんものね(笑)A4の紙にアイリッシュのカレンダーをプリンターでカラーコピーして作ります・・いかが?かわいいでしょ(^-^)
cover.jpg

スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

せがちゃん

  • Author:せがちゃん
  • 家族:マイペース大王(だぁ様)と娘1号2号、息子1人、愛犬4頭
    住所:横浜
    モットー:『Smile Be Happy!』
    趣味:ガーデニング、わんことまったりすること、ミーハー女子会
    特技:ワイン片手にフライパン!
    ≪Webstagram Album follow@segachan81≫




    楽天で探す
    楽天市場



    ブックオフオンライン
    ブックオフオンライン




いくつになったの

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。